« ミッフィー | トップページ | Paul O'Grady show »

2007-06-09

さらに半分

Gamar_002_1
今日は街で同時に開催されている、大道芸のフェスティバルにも出演した。なぜか、街のはずれの小さなピッチを与えられた。が〜まるちょばとしては、ぜんぜん少ない動員だったが、スタッフは「すごい人が集まったね!」と大喜び。投げ銭は、少ないお客が終わると同時に半分が帰ってしまい、残りの半分の人たちが入れてくれた割には額が多かった。ただし、それは日本円に換算した場合。ここはめちゃめちゃ物価が高いので、日本円の感覚の半分の感覚だ。チラシも少しは撒けたし、土曜日だし、今日は観客動員も多いだろ!と期待したが、昨日のさらに半分だった。
Gamar_001_1終わってから、インタビューごっこをした。
「今、いるのはどこの国ですか?」
「ノルウェーです。」
「何カ国目ですか?」
「22カ国目です。」
「ノルウェーはどうでしたか?」
「22番目によかったです!!!」
「また来たいですか?」
「いいえ。」
Gamar_003_1

夜、去年のエジンバラで一緒の劇場だった Tim Minchinのショーを見に行った。港のそばのレストランの2階にある会場に着くと、若い人達が行列を作って開演を待っていた。去年、同じ会場で同じ人数を沸かせたが~まるちょばの観客がたったの20人、しかも半分以上は子供だったことを思うと複雑な氣分になった。
公演後、Timにちょっと挨拶して帰った。帰り際、下のレストランのウエイターが興奮して声をかけてきた。数少ない観客の一人かと思ったら、マレーシアで見てくれたという。「本当におもしろかったよ!」と二ッコニコの笑顔で言われて、嬉しかった。でも、が~まるちょばがこの街でフェスティバルに参加していたことを知らなかったので、見に来れなかったそうだ。「知ってたら友達みんなで行ったよ!」と言ってくれた。

「ノルウェーにまた来たいですか?」
「はい、ちゃんと宣伝をしてくれるなら来たいです。」

|

« ミッフィー | トップページ | Paul O'Grady show »

コメント

ノルウェー・ツアー、
プロモーションが上手くいってなかったんですか。
一寸悲しかったですね〜。

可也前ですが、私らもUKツアーの時
ブライトンでさえ20人、そして北のダーリントン(田舎であるとはいえ)4人!
という閑古鳥状態で、ステージ上の人数の方が多かったりして,
モチベーション下がりっぱなしでしたよ。(今は笑いのネタになってる)

次はダブリンですね。
こちらは楽勝でしょう、頑張ってください!

投稿: チカ from チキンズ | 2007-06-11 23:03

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらに半分:

» お友達 [ソーホー・ジャパンの小ネタ通信]
ここ数日、ソーホージャパンに遊びにきてくれているお友達です。 そんなある日、お世話になっているご近所さんから とても良い香りのフルーツをいただきました。 お、お友達といえど食べ物の事になるとマジになってしまいます。 (トコロ)... [続きを読む]

受信: 2007-06-14 17:41

« ミッフィー | トップページ | Paul O'Grady show »