« 2007年5月27日 - 2007年6月2日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »

2007-06-09

さらに半分

Gamar_002_1
今日は街で同時に開催されている、大道芸のフェスティバルにも出演した。なぜか、街のはずれの小さなピッチを与えられた。が〜まるちょばとしては、ぜんぜん少ない動員だったが、スタッフは「すごい人が集まったね!」と大喜び。投げ銭は、少ないお客が終わると同時に半分が帰ってしまい、残りの半分の人たちが入れてくれた割には額が多かった。ただし、それは日本円に換算した場合。ここはめちゃめちゃ物価が高いので、日本円の感覚の半分の感覚だ。チラシも少しは撒けたし、土曜日だし、今日は観客動員も多いだろ!と期待したが、昨日のさらに半分だった。
Gamar_001_1終わってから、インタビューごっこをした。
「今、いるのはどこの国ですか?」
「ノルウェーです。」
「何カ国目ですか?」
「22カ国目です。」
「ノルウェーはどうでしたか?」
「22番目によかったです!!!」
「また来たいですか?」
「いいえ。」
Gamar_003_1

夜、去年のエジンバラで一緒の劇場だった Tim Minchinのショーを見に行った。港のそばのレストランの2階にある会場に着くと、若い人達が行列を作って開演を待っていた。去年、同じ会場で同じ人数を沸かせたが~まるちょばの観客がたったの20人、しかも半分以上は子供だったことを思うと複雑な氣分になった。
公演後、Timにちょっと挨拶して帰った。帰り際、下のレストランのウエイターが興奮して声をかけてきた。数少ない観客の一人かと思ったら、マレーシアで見てくれたという。「本当におもしろかったよ!」と二ッコニコの笑顔で言われて、嬉しかった。でも、が~まるちょばがこの街でフェスティバルに参加していたことを知らなかったので、見に来れなかったそうだ。「知ってたら友達みんなで行ったよ!」と言ってくれた。

「ノルウェーにまた来たいですか?」
「はい、ちゃんと宣伝をしてくれるなら来たいです。」

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ミッフィー

ミッフィーは、ケッチ!さんのUKでの新ネタ。
詳細はUK通にしかわからないでしょう。

えっと、
more phtos
に、UKツアーの模様を
が〜まるちょば&イエローキャップス共にUPしました。
興味ある方はどうぞご覧下さい。
M4icon01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007-06-08

明日に期待!

Gama_002
人がいいのか、のんびりしているのか、スタッフにしても、オーガナイザーにしてもなんか???な人が多い。いい劇場なのにな、、、。いいパフォーマーが来てるのにな、、、。
客席は、、、、
今日もまばら。
昨日の半分。
が〜まるちょばは、いろんな国でソールドアウトなのにな、、、。
普通に書くつもりがいろいろ大変なことが多くて、愚痴になってしまうので、以下略。明日は土曜日!きっと平日よりは集客があるはず!そうそう、今日の現地の新聞にも写真入りでいい評が載ったし、明日に期待!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-06-07

ほぼ白夜?

Rimg1444
夕暮れ時が長い!! 夜、11:30にやっと暗くなる。
が~まるちょばの公演はファミリー向けとして宣伝しているらしく、会場は子どもだらけだった。今回のショーは家族で楽しめるのは事実だけど、子ども用につくったわけではないので、ちょっと拍子抜けした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-06-06

Norway初上陸

Gama_001
ノルウェー初上陸、が~まるちょばとして公演する国としては22ヶ国目。Stavangerという小さな街のフェスティバルだ。
が~まるちょばの尊敬するパフォーマー、アンビリカルブラザーズにも 感動の再会!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007-06-05

再会

Rimg1430
K116

今日の会場は、Petersfield という 小さな街の大きな小中高一貫の私立学校だった。広い丘の上の敷地に校舎や体育館、寮、グランド、キャンティーンなどが点在している。会場は多目的ホール(写真上)。音響、照明、舞台をたった一人の子柄な女の人がやっている。一瞬、開場までに準備が間に合うなと不安がよぎったが、仕事の早い、きがきく人だったので、キャンティーンに行く時間までできた。そのキャンティーンに何と、2002年の韓国(写真左)、インドのフェスティバルで一緒だったパフォーマー、ケースがいた。ホントウニ、びっくり!彼は今、この学校ではないが、高校で演劇を教えていているそうだ。バイクで2時間もかけて、見にきてくれた!感激!
ショーは、ほとんどが ティーンエイジャーだったので。不思議な感じだった。何人かの生徒にサインをねだられ、そのうちの一人は去年エジンバラで見てくれたそうだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007-06-04

買っちゃった!

Gama
シンガポールのTVプロダクションがが〜まるちょばに興味を持ってくれて、昨日の公演をわざわざシンガポールから見に来てくれた。今日はそんな彼らと打ち合わせ。エキストラも合流して、ちょっとしたデモ撮影もやった。
ロンドンに移動して、Sohoで今度は8月のエジンバラの打ち合わせ。
その後、イギリスのエージェントのKomediaのT嬢とチャーリングクロスロードの楽器屋 Macari'sに行った。ここのオーナーはKomediaの面々とは知り合いで、去年はエジンバラでショーもやっている。もちろんが〜まるちょばも顔見知りなので、安くしてくれると言う!誰とは言わないけど、買っちゃったベース!半額近くにしてくれた!ありがとう!
小腹が減ったので、T嬢にお好み焼きを紹介するため、またまた「あべの」に行った。かなり氣にいってくれた。
それから、明日の公演地、Petersfieldに向かった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007-06-03

BATH

Rimg1419
Rimg1426_1ロンドンから約2時間、電車に揺られて、BATHに到着。ここでもフェスティバルをやっている。町を歩くとさっそく、が〜まるちょばの尊敬するパフォーマー、フレイザー・フーパーにであったり、他のパフォーマーにも出会った。
会場はベルギーのシュピーゲルテント。K♂chanなしで、しかもテントのスタッフが最初ボランティアの人だったので、焦った。何とか準備も整い、本番。満員御礼、すごい盛り上がりだった!
写真は有名なクレセントと幻惑的なテントの入り口。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月27日 - 2007年6月2日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »